人口推計体験版

 2010年と2015年における市町村単位の国勢調査データを活用して将来人口を推計した結果を見ることできます。2020年国勢調査のデータ公開は、2022年となると予定されており、それまでは今回のものが国勢調査ベースでは最新のものとなります。是非、人口推計を体験してください。
 また、より新しい住民基本台帳データを活用した分析や今後のコミュニティ行政に不可欠な市町村内の地区別分析等は、一般社団法人 持続可能な地域社会総合研究所で毎年改良しているExcelベースの最新バージョンで対応することもできます、お気軽にご相談ください。ご相談はこちらをクリック


※掲載報告のお願い
 本ページを利用した分析・シミュレーションの結果を、行政文書や研究論文、記事等で活用される際には、引用先を明記いただき、掲載書類データ(PDF等)を代表アドレス(master@susarea.jp)にご送信ください。原則として掲載は許可しておりますが、間違ったデータ引用等があった場合は、修正または掲載中止をお願いすることがあります。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

人口推計結果を表示させたい都道府県・市区町村を選択して「表示する」を押してください。

都道府県:   市区町村:  表示する 

現在表示中の地域:島根県

1.地域の現状をデータから見る

まずは、2010~2015年の5年間での人口動態を確認しましょう。都道府県平均との比較も可能です。

5年間の増減表 ▼ここをクリックで表示▼

コーホート変化率・数 ▼ここをクリックで表示▼

年齢構成 ▼ここをクリックで表示▼

世帯構成 ▼ここをクリックで表示▼

年代・産業別就業状況 ▼ここをクリックで表示▼

2.将来の人口推移を見る(2060年まで)

将来人口に推計には「コーホート変化率法」を使用しています。「コーホート変化率法」の詳しい解説はこちらをご覧ください。

総人口・高齢化率の推移 ▼ここをクリックで表示▼

小・中学生、15未満人口の推移 ▼ここをクリックで表示▼

将来の年齢構成 ▼ここをクリックで表示▼

3.人口シミュレーション(出生率・10代後半流出率・定住増加)

ここでは「出生率・10代後半流出率」に加え、「U/Iターン定住者」が増加した場合の人口シミュレーションが可能です。

変更されたい値を選択し、「再計算して表示する」を押してください。

出生率: (2015年の出生率:1.74)
10代後半の流出率: (2015年の男性流出率:24.8%、女性流出率:22.9%)
毎年定住増加組数:

世帯類型毎に詳細を設定されたい場合は、下記表の項目を設定してください。
下記の項目を選択されると、上記の定住増加組数よりも優先されます(世帯 > 組数)。
若年世帯(20代前半夫婦)
人数:2人
子連れ世帯(30代前半夫婦 + 4歳以下子ども)
人数:3人
定年退職世帯(60代前半夫婦)
人数:2人
世帯 世帯 世帯

毎年の定住増加人数:0人 これは現在人口の【約0%】に当たります。

再計算して表示する

総人口・高齢化率の推移 ▼ここをクリックで表示▼

小・中学生、15未満人口の推移 ▼ここをクリックで表示▼

4.その他参考データ

人口データ ▼ここをクリックで表示▼

コーホート表 ▼ここをクリックで表示▼

世帯表 ▼ここをクリックで表示▼

就業者表 ▼ここをクリックで表示▼

もっと詳細に分析を実施するにはこちら
Copyright(c) 2019 Research Institute for Sustainable Community Company All Rights Reserved.